カードローンとクレジットカードは目的によって利用しよう

金利自体が違う

カードを見せる

クレジットカードとカードローンではそれぞれ利用目的というものが違っています。
そして、それぞれのサービス内容や機能といったものも違います。
特に金利に関しては、請求金額が違ってくるので、より支払いを抑えるためにもちゃんと理解してどちらを利用するかを決めるようにしなくてはいけません。

それではクレジットカードとカードローンとではどちらの金利のほうが安いのかというと、カードローンの方が安くなる場合が多いです。
平均的にクレジットカードの金利は実質年利で8パーセントから18パーセントと言われています。
それに対してカードローンでは実質年利は4パーセントから12パーセントとなっています。
しかし、ここで気をつけばければいけないことは、必ずしもカードローンが安くなるというわけではないということです。

では、どういった事でカードローンの金利がクレジットカードの金利よりも高くなるかというと、そのカード会社の設定金利によってです。
どちらを利用するにしても必ず金利がどれくらいになっているかを確認するようにしましょう。

必要書類

ATM

カードローンでもクレジットカードでも申し込みの際に審査のために提出する必要書類があります。
それぞれ必要書類は違っているので、申し込む際は事前に準備しておくようにしましょう。

詳細を確認する

年会費

お金

クレジットカードを発行してもらう際には気を付けなければいけないこととして年会費があります。
逆にカードローンの場合には年会費があるカード会社はあまり多くありません。

詳細を確認する

関連情報

Copyright(c) 2014 カードローンとクレジットカードは目的によって利用しよう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com